今日も深爪

爪を切るのが絶望的に下手な大学生です

論理的であるということ。

「論理的に」何かをする、ということが苦手だ。

 

 今に始まったことではないし、前々から他人に散々指摘されてきたことでもあるから、別に今さらどうってことでもないし、正直、今さら論理的な思考方法を身に付けようとも思わない。(と言いつつ、論理的な思考ができない自分が時々すごく嫌にもなるのだけど)

 

 ただ、今日、その「論理的思考」と「私自身」の関係性について、曖昧ではあるけれど、考えたことがあるので、ここに残しておくことにする。

 

  1. 私自身の性格について

    まず、先にも書いたように私は「論理的に」何かをするのが、苦手だ。「論理的」ということに関して、そもそも「論理的」というのがどのようなことなのかも分かっていないけれど、自分と対照的な場所にある概念だというのは何となくわかる。何となく。
     ここで、自分の思考や行動、言動について振り返ってみると、最近、「頭じゃなくて心を使いたい」と頻繁に考えている。とにかく頭を使って何かを考える、というよりは、最初に何かを心で感じて、それに付随して頭を働かせる、というのが、ここ18年と10ヶ月の私だった。そして現在進行形。

  2.  論理的であるということと“翻訳する”という作業

     周りの言葉、音、景色は、常に体の中に流れ込んできていて、それを言語化する、となったとき、私は「情報を伝達する」ことを目的としてではなく「どうにかして表現する」ことを目的として切り取る傾向にある。だからいつも何だかはっきりしないものを抱えていて、それを自分が納得のいく形に落とし込めたとき、それは「私の言葉」になるのだけど、これを、いざ誰かに伝えるとなったとき、さらにそれを「翻訳」する必要がある。少しでも広く、べたっと伝わるように。だから、自分の考えていることを「論理的」に表現するには、

    ①自分の内面を言語化する (非言語→言語 の翻訳

    ②言語化したものを少しでも広く伝わるようにする(言語→言語 の翻訳

    ③②で平たくしたものを再構築する(言語→言語 の翻訳

    という具合に3つのステップを踏む必要があって、①ができれば②は容易くできるのだけど、③のハードルがとてつもなく高い。と言いつつ、考えてみれば、実は②でも論理性が必要とされていて、そこでもつまずくことが多いな、と(脈略のない話をしがち)。

  3. 結局何が言いたいかというと

 翻訳する作業に疲れた。今、大学の授業では基本的に英語だけを学んでいて、そこでどうしても自分の日本語で出来上がった思考を英語に翻訳する必要があって、そこに重きを置いていると、たとえ日本語から日本語への翻訳だとしても、自分の内面を外の世界に向けて翻訳することをないがしろにしてしまいそうになる(というか既にしている)。
 これは自分が話し手である場合だけじゃなく、聞き手としている場合でも、同じようにそれとは逆のプロセスを踏まなくてはいけなくて、今度は目の前の「論理的なもの」をいかに噛み砕いて感覚的に理解できるかということになるのだけど、それもそれで莫大なエネルギーを使う行為で、本当に疲れてしまう。
 

 正直、今まで論理的思考力がほぼ皆無でも何とか生きてこれたし、必要なときは何となくそれっぽいことをすればいいんだろうし、むしろ自分のこういう感覚を無くしたら、自分を自分たらしめるものが無くなってしまう気がするので、ある種の「思考停止」なのかもしれないけれど、翻訳することをちょっと休憩させてほしい。

 

 ロジカルシンキングだけが全て、みたいな世界はこっちから願い下げ。

 

 (結局は、無理して様々な人に何か伝えようとしなくても、伝わる人にだけ、伝えたい人にだけ伝わればいいし、分かってくれる人だけ分かってくれればいいっかー、っていう話です)

 

大切なものの話

先日、将来の夢について書いたブログに「ほしい物リスト」を載せたところ、次の日にタクスズキさんから贈り物が届きました。ありがとうございます!

山田航さんの『さよならバグ・チルドレン』と
尼崎武さんの『新しい猫背の星』



山田航さんの歌集についてはまた別の記事で書く予定にしておきますが、今回は尼崎武さんの『新しい猫背の星』についての感想を。

感想文なんてものをちゃんと書くのは中学校3年生ぶり(しかも歌集の感想を書くことに関しては初めて)なので、きっとグダグダになってしまうと思いますがお付き合いいただけたら幸いです。



 〈歌集〉の〈感想〉の書き方が全然わからずに、考えていたら一文字も書くことなく、ここまでで既に2時間半くらい経ってました。

 いい加減書き始めないと何も始まらないので、右も左もわからないまま出発します。無免許運転、見切り発車。

  

 私は初めての歌集を読むとき、最初は全体を掴むため、二度目は心に残った歌を書き留めるために、同じ時間のうちに2周すると決めているのですが、その、二度目に書き留めた歌の中から何首かを選んで紹介して、感想を書いていく、という形にしようかと。

 

俺いつも笑っているし知らぬ間に誰かを救えているんじゃないか - 僕らはみんなミステイク

 

大好きなきみのリクエストにこたえ歌う4分33秒 - 僕らはみんなミステイク

 

喜んでくれてる顔を想像しひとあしさきにしあわせになる - はしれ、しあわせもの

 

好きすぎて死ぬと思っていたものを好きな気持ちで生きながらえる - うごくおとうさん

 

教室であの時きみが歌ってた歌詞の間違ってる方が好き - 屋上の飛行機雲

 

まぶしさを直視できずに僕たちは大事な夢を茶化して笑う - やっぱり光について 

 

恋のこと 妹のこと 大切なものの話をもっと聞かせて - いつか観覧車に

 

つかの間のしあわせのこと何回も思い出しては忘れてしまう - いつか観覧車に

 

思い出がセピアに染まらない病でいつまでもあざやかに苦しい - いつか観覧車に

 

 

 収録されている323首から9首を選びましたが、少なくともこのブログを読んでくれている方の2割は『新しい猫背の星』に興味を持ってくれたんじゃないかと思っております。

 

 9首中3首が「いつか観覧車に」という連作からの引用であることから、既にご察しいただいているかもしれませんが、この歌集の中で私はとびきり「いつか観覧車に」が好きです。もちろん、今の自分の気持ちにリンクする部分が多いというのも一つの理由ではあるけれど、今じゃなくっても、きっと何年たってもこうしてかわらぬ気持ちでこの連作は私にとって特別なものであり続けると思う。

 

 本の初めから、ぽかぽかとしたやさしい歌、色に例えるなら淡いオレンジ色の歌がぽんぽんと続いていくなかで、突然ハッとしたように、水色の歌が出てきたり、あるいは背景ごと真っ暗になってしまったり、でもやっぱりあたたかくて、いつまでも眺めていたくなる、そんな歌集でした。(語彙力と表現力の限界)

 

 それから、これを書きながら『新しい猫背の星』を読み返していて気づいたことなのですが、私は短歌を読むときに無意識的に「五、七、五、七、七」と音節で区切って読んでしまうのだけど、この歌集ではそれをしていなくて、ただ一行詩を読んでいるような感覚で読んでいました。



 この記事は、私にとっての防空壕みたいなカフェで書いていて、オーナーさんに『新しい猫背の星』を見せたら「えっ、これも短歌なの?」っていう反応をしてくれて。この本を作ったのは私ではないけれど、その反応がとても嬉しかった。

 きっと、「短歌」と聞くと、万葉集とか古今和歌集みたいな「古典作品」「和歌」っていうイメージを持つ人もたくさんいると思うんですが、そんな人にこそ読んでほしい歌集だな、と。とりあえず現代短歌を読んでみてほしい。
 好きな人に振られてしまった、とか、大切な人を傷つけてしまった、とか、そんな方に響く作品がたくさんあるので、そんな方々にも読んでほしい。ソースは私です。

 

 下にAmazonのリンクを貼っておきますので、是非。

 

 

                

将来の夢

今まで、将来の夢を訊かれたとき、何となくそれが「就きたい職業」を訊かれているみたいで曖昧に誤魔化してきたけれど、私ずっとしたいと思っていたことがあって。

「『眠れる図書館』を作る」っていうのがそれです。

私は9月から国際教養大学(単科大学なので学部は“国際教養学部”のみ)で大学生としての生活を始める身で、入試のときは偉そうに「観光を通じて秋田を豊かにしたい」なんて言っていたけれど、あの入試から9,10ヶ月経った今、正直そんなのどうでもよくなっていて。

眠れる図書館を作りたい。

ずっと、現代短歌が好きで、でも近所の図書館には私が好むような現代短歌の本なんて置いていなくて。(俵万智の『サラダ記念日』と『チョコレート革命』くらいしか置いていない)

1冊1800円~が相場の歌集って、バイトもできなかった高校生、時給720円のフリーターからしたらめちゃくちゃ高いんですよ。満を持して月に1冊買っても、それ以上に新しい本は出版され続けていて。欲しい本、読みたいのに読めない本が溜まっていく。

「お金の問題があってなかなか欲しい本が買えない」っていう高校生のとき(今もその状況はさして変わっていないけれど)に好きな本を好きなだけ読める空間があったらよかったな、と思うんです。


それから、私が入る大学は教養大生なら24時間使える「眠らない図書館」っていうものを持っていて。それに対抗する訳ではないけれど、来た人に適当にゆっくり息抜きや仕事をしていってもらえるような空間を作りたい。

 

私には、短歌の他にもう一つ好きなものがあって、それが「カレー」。
(短歌とカレーを同じ次元に置いていいのかはさておき)高校2年生の頃、「あの大学に落ちたら、スリランカに行ってカレーと紅茶の修行をする」なんてことを漠然と考えていたくらいカレーが好きで、最近は自分で作るなんてこともしなくなってしまったけれど(ちゃんとしたスパイスって高いんですよね、結局できない理由がそこになってしまうのすごく嫌なんだけど)、ずっと〈美味しいカレーを出すカフェ〉をやりたいと思っていたのと、図書館みたいな空間で食べたり飲んだりしたっていいじゃない! っていう気持ちがあったのと、前述したような理由があるのとで、私の将来の夢、「眠れる図書館をつくること」です!! いぇい!

就きたい職業なんて今は特にないし、形態としてカフェみたいにちゃんと営業して経営する形にするのか、ただ趣味の延長として自分の居住空間をそんな感じにするのかもまだ決められないけれど、とにかく、「眠れる図書館をつくる」っていう夢を語れるようになったので、自分のペースで、それに向かって進んでいきます( ✌︎'ω')✌︎

将来、何かに迷ったとき、少し大人になった自分がこの夢に救われますように!


ただただ自分が書きたかっただけのブログでした。
最後にこっっっそりAmazonほしい物リスト貼り付けておきます👀
→ ほしい物リスト




郵便屋さん

何の変哲も無い、夏の平日の昼下がり、
私はそわそわと郵便屋さんを待っている。


小学校中学年から中学生の頃、
文通している子が何人かいた。

学校の行事で会った隣の学校の子、
同じ部活だった隣町の子、
町の交流事業で出会った遠い県の子、…

結構な頻度でやり取りをしていたはずなのに、
いつの間にか手紙を出さなくなった、
いつの間にか手紙を待たなくなった。

あれからいくつか歳を重ねて、
今の私は通販で注文した荷物を待っている。

そわそわそわそわ。
起きてから1時間に1回はポストを覗きに行って、「まだかな」「まだかな」って。
届くものは違えど、数年前と同じことをしている。

こうして郵便屋さんを待っているとき、ふと誰かと文通していた頃を思い出して、あの頃の自分を微笑ましく思う。

田舎の町で、小・中学生なんてスマホはおろか二つ折りケータイすら持っているのが珍しいような時代、隣町から届く手紙、当時の私からしたら考えられないくらい遠い場所だった関東から届く手紙は、すごく特別なものだった。

ショッピングセンターの雑貨屋さんで買ったレターセット、「今回はこの色にしよう」「今回はこのペンで書こう」って返事を書いて、切手を貼ってポストに入れる一連の流れがとてつもなく好きだった。

あれから数年経って、私はこうしてインターネットを何となく、難なく使いこなしている。50円だったはがきは62円になって、80円で送れた定形郵便は82円じゃないと送れなくなったけれど、インターネットが普及した今だからこそ、私は誰かに手紙を書きたいと思うことが増えた。(ビジネス文書は苦手だからそういうのじゃなくて。)

 

Facebookやってますか?」「Twitterやってますか?」「LINE教えてください」じゃなくて「住所教えて〜」って気軽に言えていたあの頃、楽しかったな。

あの頃の「手紙」と今の私が思い描いている「手紙」は少し違うのだけど、今でも誰かと文通したいなって思うし、いつか、自分が親になったとき「文通」は子どもに経験させたいことの一つ。
(今なら便箋はちょっといい感じの文房具屋さんで買うし、ペンだって何色も使わずにきっと黒一色で十分だし、届いたその日に返事を書き上げて次の日にポストに入れるなんてことはしない。)

文章にまとまりを持たせられないのでここらへんで強制終了させていただきます。
さっき郵便屋さんが届けてくれた本も読みたいし。そわそわタイム終了。

高知に行ってよかったこと

 そろそろ序盤の自己紹介が恥ずかしくなってきたところでおはようございます。むとうです。

 

 さて、今回は、「生粋の秋田県民が高知県に約1ヶ月半行ってみてよかったこと」を3つ紹介したいと思います。本当にブログ書く人みたい!!

 

 その1. 帰りたいと思える場所が増えた

 いろいろとうまくいかないこともあって、「秋田に帰りたい」「高知は私にとって“帰る”場所ではない」と思っていた時期もあったけれど、そんななかでたくさんの人と会ってお話をする/お話を聞いてもらう機会をいただいて。「ここに来てよかった」と思えるようになって、帰る頃には「帰りたくないな」って思える自分もいて。
 この先、高知には少なくとも1年に1回は行きたいと思っているのだけど、その度に「久しぶり」じゃなくて「ただいま」って言うんだろうな、って。

その2. 苦手なことを自分で認められるようになった

 秋田にいたときは、ぼんやりとした苦手意識を持ちながらも何となくやり過ごしていたことが、地元から離れた場所で改めて自分の前に落ちてきて。そこで無理することで生きづらさを感じるよりだったら、潔く「苦手」と認めてしまった方が体力的にも精神的にも楽なんじゃないかと思えたこと、高知での一番の大きな収穫だったように思います。

 

その3. 今まで以上に秋田に関心を持てるようになった

 高知に行って感じたことのひとつに「高知の人は高知が大好き」というのがあって、会う人会う人が「高知の人間は高知が大好きやきね〜」と言っていたようなイメージ。高知のことを1訊けば10返してくれるような感じで、それってとても素敵なことだなあって。
 そうして自分のことを見たときに、私は秋田の何を知っているんだろう、他の場所から来た人に秋田の何を紹介できるんだろう、と考えて見たら、「秋田が好きだ」と言っている割に何も知らないことに気づいて。秋田にあって高知にないものもたくさんあるし、その差異だとか魅力をまずは自分が知らなきゃな、って。
 そんなこともあり、帰ってから、今まではあまり興味がなかった、自宅の近くにある湧水群巡りをしました。

 

 

 きっと、ここに書いたことは、私が行ったのが高知県じゃなくても感じていたことなのかもしれないけれど、岩手とか山形とか東京とか、「帰ろうと思えばいつでも簡単に帰れる場所」ではないところに行ったからこそ、滞在していたからこそ、強く感じることができた事柄なんじゃないかなあ、と思ってます。
 そして、高知県じゃなくても感じていたことかもしれないけれど、私は高知に行ってよかったと思ったし、本当に素敵な場所なんです、高知県って。
 だからもし、今の場所で思い悩んでいる人がいたら、とりあえず、何も考えずに高知行きのチケットを取ってほしい。ピアスを開けたら運命が変わる、なんて言うけれど、ピアスなんて開けなくても高知に行けば運命が変わるかもしれない。
 おいでよ高知!行きなよ高知!書を捨てよ、高知へ行こう。

Macbookおじさん

こんばんは。
高知県から遥々秋田に帰ってきました、ムトウです。

秋田に帰ってきて3日目の今日、我が家に何やら贈り物が届いていました。

f:id:yuka610:20170728164752j:plain

 

MacBookPro…

 

そう、ここ数日、Twitterを賑わわせている MacBookおじさん の恩恵にあずかった次第であります。

私は大学が決まってから、自分専用のパソコンを買ってもらったんですが、そのパソコンっていうのが 15インチのDynabook でした。

パソコンを選ぶ際、伝えられた予算は 10万円、「MacBookが欲しい」という言葉は「MacBookは(高いから)無理」とあえなく却下され、父親に言われるがままにDynabookを手に取った高校3年の冬。Dynabookだって結局13万円近くしたはずなんだけどな)
片田舎の下流家庭で生まれ育ち、通っていた高校はバイト禁止、金銭が絡むことで親に反抗なんてできるはずもなく。

まあ使えるしいいっか、とDynabookと愛を育む日々が始まりました。
しかしいくら使えるといっても、重いのなんの、でかいのなんの、と私のDynabookさんへの愛は果汁1%未満のオレンジジュースのごときレベルまで。持ち運ぶのに邪魔くさくて仕方なかった。「何があるかわからないからパソコン持っていくか〜」っていうノリで持ち運べなかった。でかい、重い。

高知にも持って行ってはいたのだけど、98%くらいの確率で住んでいた寮に置いてました。

そして、高知で生活を始めて1ヶ月ほど経ったある日、私は むさしくん があの イケダハヤトさん からMacBookProをもらった、という話を小耳に挟むことになります。
そして山の上でバーベキューをした日、「私もMacBook欲しい〜〜〜!!!」と隣の山に届くくらいの声で叫んでみました。きっとその声が届いたんでしょう。

私もついにラッキーガールの仲間入りを果たしました。

ずっと、心のどこかでMacBookにコンプレックスを抱いていた私、「スタバでMacBookはコスプレ」とか何とか言ってた私、本当は羨ましかったんだよね、うんうん。

Windowsは変わらず好きだけど、これからはこの与えられた武器で戦います。先代のパソコンはリユース。私の希望ではアレとアレに化かしたい。

いろんなご縁があって、これから面白いことを仕掛けていけそうな予感がしているので、新しい相棒と二人三脚で。アップル製品と相性が悪いそんなに良くないことに定評のある私ですが、このMacBookさんといいタッグを組めるように修行を積みます😊
これからは一緒にどこへでも行けるね。

f:id:yuka610:20170728172742j:plain

 

秋田と高知県と私

こんにちは。お久しぶりです、むとうです。
気付けば前回の更新から8日が経っていたようで。
座右の銘「明日できることは明日やろう」「砂漠に超然と立つ詩人たれ」です。

さて今回は、私がなぜ高知県、そして大豊町にいるのか、ということをざっくりと書いていきたいと思います。目指せ3分。カップラーメンチャレンジ。

 

目次

 

 

1 秋田県と私

 生まれも育ちも秋田。生まれてこの方18年ちょっと、住所を移したことはありません。生粋の秋田県民。(秋田美人ではないのが悔やまれる)
 私は秋田県が大好きで、何故か、と訊かれると上手く答えられないけれど、とにかく秋田が好き。ただ秋田県は、高齢化、少子化、人口減少と様々な問題を抱えていて、ついに人口が100万人を切ったところ。この秋田県に「人の交流」を創り出して、秋田を元気にしたい!と思っていました。(一応過去形)
 そこで考えたのが「観光業」。中学2年生の頃、ちょっとしたきっかけがあって、県内の人も県外の人も、日本の人も海外の人も、私の大好きな秋田をもっと知ってー!来て来て来て―!!みたいな気持ちになって、秋田をいろんな人にPRしていきたい!という気持ちに。

 

2 高知県と私

 むとう家に馬路村のゆずギフトを貰って以来、すっかり馬路村のファンになった私。「いつか馬路村に行きたい」と思いつつ、秋田から高知なんて遠くて、普通に大学生活を送ることになっていたら、馬路村はずっと、〈遠い遠い憧れの地〉ままだったんだとうと思います。が、運のいいことに、最初に受けた入試に落ちて、ギャップイヤー入試(前記事参照)を受けることになり、そこで考えたのが「ギャップイヤーを利用すれば馬路村に行ける」ということ。ただ(ここだけの話)、「馬路村に行きたいから行く」だけだと入試をパスするための計画としては弱いと思い、高知県の観光促進事業がどうの高齢人口の推移が秋田県と似ているだの何のって理由をつけてそれらしい計画書にしました。
 入試当時は「馬路村に2ヵ月住んでどうのこうの」っていう計画だったんですが、本当にそうするなら、ということで今年の2月に、ギャップイヤー活動をするにあたっての下見みたいな感じで高知県を訪れて、そのときに馬路村にも行ったんですが、滞在先をどうするか、馬路村でどんな活動をするのか、という点をなかなか詰められず、馬路村に滞在することを諦めました。
 そこから、四万十町佐川町などに滞在することも考えたんですが、結局うまくいかず、時は流れ5月下旬。6月7日の高知行きの飛行機は取っていたのに高知に滞在する計画は白紙の状態の私のタイムラインに流れてきた「碁石茶親衛隊」募集の記事。これだ!と思い、すぐに応募。そんなこんなで今は大豊町にいます。

 

3 秋田と高知県と私

 秋田県高知県を比較して、秋田の今後の方向性を明らかにする!だなんて意気揚々とし(たように見せ)ていた、あの日から8,9ヵ月、迷走しながらもなんとか高知で生きてます。あと3日くらいで秋田に帰るのだけど。
 6月の後半は「秋田に帰りたい」とばかり思っていたけど、今は何となくここを離れるのが惜しいと思えるようになりました。ありがとう高知県。高知大好きだから、大学に入学してからも1年に1回は来れたらいいな、って思ってます。

 

 

 

次回の内容も、更新日も未定ですが、ごゆるりとお付き合いください~