今日も深爪

爪を切るのが絶望的に下手な1998年生まれ。

Macbookおじさん

こんばんは。
高知県から遥々秋田に帰ってきました、ムトウです。

秋田に帰ってきて3日目の今日、我が家に何やら贈り物が届いていました。

f:id:yuka610:20170728164752j:plain

 

MacBookPro…

 

そう、ここ数日、Twitterを賑わわせている MacBookおじさん の恩恵にあずかった次第であります。

私は大学が決まってから、自分専用のパソコンを買ってもらったんですが、そのパソコンっていうのが 15インチのDynabook でした。

パソコンを選ぶ際、伝えられた予算は 10万円、「MacBookが欲しい」という言葉は「MacBookは(高いから)無理」とあえなく却下され、父親に言われるがままにDynabookを手に取った高校3年の冬。Dynabookだって結局13万円近くしたはずなんだけどな)
片田舎の下流家庭で生まれ育ち、通っていた高校はバイト禁止、金銭が絡むことで親に反抗なんてできるはずもなく。

まあ使えるしいいっか、とDynabookと愛を育む日々が始まりました。
しかしいくら使えるといっても、重いのなんの、でかいのなんの、と私のDynabookさんへの愛は果汁1%未満のオレンジジュースのごときレベルまで。持ち運ぶのに邪魔くさくて仕方なかった。「何があるかわからないからパソコン持っていくか〜」っていうノリで持ち運べなかった。でかい、重い。

高知にも持って行ってはいたのだけど、98%くらいの確率で住んでいた寮に置いてました。

そして、高知で生活を始めて1ヶ月ほど経ったある日、私は むさしくん があの イケダハヤトさん からMacBookProをもらった、という話を小耳に挟むことになります。
そして山の上でバーベキューをした日、「私もMacBook欲しい〜〜〜!!!」と隣の山に届くくらいの声で叫んでみました。きっとその声が届いたんでしょう。

私もついにラッキーガールの仲間入りを果たしました。

ずっと、心のどこかでMacBookにコンプレックスを抱いていた私、「スタバでMacBookはコスプレ」とか何とか言ってた私、本当は羨ましかったんだよね、うんうん。

Windowsは変わらず好きだけど、これからはこの与えられた武器で戦います。先代のパソコンはリユース。私の希望ではアレとアレに化かしたい。

いろんなご縁があって、これから面白いことを仕掛けていけそうな予感がしているので、新しい相棒と二人三脚で。アップル製品と相性が悪いそんなに良くないことに定評のある私ですが、このMacBookさんといいタッグを組めるように修行を積みます😊
これからは一緒にどこへでも行けるね。

f:id:yuka610:20170728172742j:plain