今日も深爪

爪を切るのが絶望的に下手です

透明な飛行機

 

 

 

伝えたい言葉が上手く言えなくて飛行機雲をずっと見ていた

 

青すぎた春の日のこと時々でいいから思い出して笑って

 

春ってさ、ほんとに青いのかなってたまに思うの / たぶん透明

 

あのときの答え合わせをしたいわけじゃないの答えなんて知ってた

 

種明かしなんてしなくていいからさ 甘い嘘だけずっと聞かせて

 

そこにいるだけで誰かに愛される人がこの世に存在すること

 

会いたいと思えば夢で会えるけど夢ではないと会えない僕ら

 

パラビオン あなたの街へ飛んでいくためには頼りない合言葉

 

透明な飛行機だって空を飛ぶときには雲を吐くんだ(たぶん)

 

星空の下で僕らは透明な飛行機を見た共犯者になる