今日も深爪

爪を切るのが絶望的に下手です

もう半分

 こんばんは。武藤です。今朝は取り乱してチョコミントへの愛を語るだけのブログを書いてしまいましたが、今回は気を取り直して大好きな歌集のことを書きます。

 今回取り上げる歌集は、尼崎武さんの『新しい猫背の星』。以前にもこの歌集についてさらっと感想のようなものを述べたブログを書いたんですが、正直あまり納得のいく書き方ができなかったので(かと言って今回も納得のいくブログを書けるかどうかはわからないんですが)。

 

 今回(から?)は「ここが好きだよこの歌集」ということで、好きな歌、そして好きポイントをリストアップしてそれについて少しずつ書いていく方向でいこうかな、と。未だに感想文系の方向性が分かってません。生ぬるく見守ってください。ネタバレはそんなにしない方向で。

 

好きだよポイント

 

その1. 帯がミント色

          f:id:yuka610:20180319174938p:plain

かわいい。ミント色。以上。

既にネタに走ろうとしてる感がありますが、決してそういうわけではないです。

ミント色かわいい!!!!!

 

その2. 強弱の付け方

目次に並ぶ連作(章)のタイトルを見ただけで素敵。

f:id:yuka610:20180319180121j:plain

特に、「うごくおとうさん」→「全国片思い駅伝」なんて、作中主体が変わるということがこの時点で分かる。あんな歌が続いたかと思うと、今度はまた雰囲気の違う歌が並んで、というのが繰り返されて、ただ単にくびれがあるだけではなく、全体を通して(もちろんいい意味で)波打っている歌集だと思います。読みごたえ抜群。

 

その3. 歌

そりゃ歌集だもん歌がいいに決まってます。前回のブログでは9首紹介しましたが、今回はまた別の歌を何首か紹介させてください。

 

青春はほとんど左右対称でその真ん中にいたこともある - 青春の真ん中に

 

「こんばんは、何しているの?」「月として半分欠けているとこですよ」 - 満月予報官

 

暗くって何にも見えなかったからあんな話で笑ってられた - きりんのネックレス

 

日給を体重で割る 豚肉と俺の価値とを比べるために - 明日に優しいマン

  

半分は冗談だけどあなたにはもう半分をわかってほしい  - 全国片思い駅伝

 

大丈夫だいじょぶだから(トリカブト)植物由来の成分だから - 100万回生きたヒト

 

 前回は取り上げなかった連作から一首ずつピックアップしました。青春の甘酸っぱさ、どこにもいけない気持ちを歌ったかと思えば、お月様と会話をしていたり、豚肉と自分を比べていたり、振り幅が広くて、読んでいて思わず唸ってしまう。好きです。

 

 そして前回のブログに、 

それから、これを書きながら『新しい猫背の星』を読み返していて気づいたことなのですが、私は短歌を読むときに無意識的に「五、七、五、七、七」と音節で区切って読んでしまうのだけど、この歌集ではそれをしていなくて、ただ一行詩を読んでいるような感覚で読んでいました。

大切なものの話 - 今日も深爪

こんなことを書いたのだけど、初めて読んだときに「破調が甚だしいな」と思っていた歌が何首かあって、それらをずっと唱えていたら、本当は「五、七、五、七、七」の定型そのものだった、ということがあります。現代短歌の「可能性」みたいなものを感じられて、定型に気付いたときはすごく嬉しかった(私の初見がいかにいい加減か、という話なのかもしれませんが)

 

前回同様、引用がほとんどを占めるものになってしまったんですが、こんな感じです。そして、この『新しい猫背の星』を既に読んだ方向けに、もうひとつ文章を書いたので、「『新しい猫背の星』読んだよ〜」っていう方はこちらも読んでいただけると嬉しいです。

 

何かの作品に対して、極力ネタバレを避けて魅力を伝えるって難しいですね。

 

それでは。